酵素 栄養素

酵素は第9番目の栄養素?

学校に通っていた20年くらい前に
授業で、「5大栄養素」というのを習った記憶があります。

  • 糖質(炭水化物) ・・・ カラダの維持や成長のためのエネルギーとなる。
  • 脂質 ・・・ 細胞膜や血液などの原料となる。
  • タンパク質 ・・・ 体の細胞の主成分。筋肉・臓器・遺伝子など様々な部分を構成。
  • ミネラル ・・・ 体内で作ることができない微量元素。
  • ビタミン ・・・ 生命活動を円滑にするためのもの。

栄養素の説明をする女の子

で、現在ではこれらに”食物繊維””水”を加えることで

「7大栄養素」と呼ばれているんです。

 

”水”に関しては人間の体になくてはならないものですね。
”食物繊維”に関しては、昔はただ体を通過するだけのものと思われていたのですが、今では余計な老廃物を排出するために、ひじょうに重要なものであるとわかっています。

 

さらに最近は、”ファイトケミカル”と呼ばれるものが追加され
「8大栄養素」
と呼ばれるんだそうです。

 

ポリフェノールやイソフラボン、カテキンと言えば聞いたことがあるのではないでしょうか。このファイトケミカルの数は約1万種類あるそうです。

 

そして最後に、9番目の栄養素と呼ばれているのが”酵素”です。

 

酵素がないと他の栄養素はなんの役にもたちません。
なんせすべての代謝の作用に酵素が必要なのですからね。

 

そう考えると、今まで詳しく分かっていなかったために9番目ということになっていますが、
重要度でいうと実は1番大事な栄養なのではないかって思います。

 

⇒酵素ドリンクランキングへ