酵素が多く含まれている食べ物

酵素が多く含まれている食べ物

果物

酵素が含まれている食べ物と言えば、いったいどんなものがあるのでしょうか。

 

実は野菜・果物・肉などの天然の食べ物には必ず含まれているんです。人間と一緒ですべての生き物は酵素がなければ生きていけませんので、それらに酵素が含まれているというのは、考えてみれば当然のことですね。

 

ただし、酵素を摂取するには、それらの素材を加熱しないことが重要です。熱に弱く、加熱してしまうと壊れやすいものですので、焼いたり煮たりすると、せっかく取ろうとしている酵素が死活してしまいますので注意が必要です。

 

果物

パパイヤ、アボガド、キウイ、バナナ、パイナップルなどに多く酵素が含まれています。
パパイヤにはたんぱく質を分解する「パパイン」という消化酵素が含まれており、
この酵素は消化だけではなく、中性脂肪の分解を助け、
体脂肪が蓄積するのを防止してくれるのでダイエッターには嬉しい果物です。

 

パイナップルには「プロメライン」というたんぱく質を分解する酵素が含まれており、
肉を柔らかくする効果があるため、酢豚に入っていたりするのです。

 

アボガドには脂肪分解酵素、キウイはたんぱく質分解酵素、
バナナはでんぷんを分解する酵素を含んでいます。

 

ちなみに時間がたつとバナナが黒くなってくるのは、
バナナ自身の酵素によって消化が始まってしまうからだそうです。

 

野菜

ブロッコリー、キャベツ、スプラウト、山芋、人参、セロリなどに多く酵素が含まれています。
ブロッコリーには抗酸化酵素の生成を促す酵素、
山芋には炭水化物を分解する酵素が含まれています。

 

発酵食品

納豆、味噌、しょうゆ、ぬか漬け、キムチなどに多く酵素が含まれています。
納豆には血液をサラサラにする「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれいることで注目されています。そして、味噌や納豆などには脂肪分解酵素である「リパーゼ」が含まれおり、内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させる効果があるんだそうです。

 

※あくまでも上記は特に多く酵素が含まれている食材の一部で、他にも酵素を含んだ食材は多く存在します。

 

問題はこれらの食品を食べる時に、上にも書きましたが「加熱してはいけない」という事です。
酵素は熱に大変弱いものですので、そのまま食べるか、野菜ジュースや冷たいスープ、
何かと一緒に生で食べるなどの工夫が必要になってきます。

 

ただ、なかなか現代人がこういったものを生の状態で十分に摂るのって難しいです。
どうしても加工してある物ばかり食べてしまいがち。
なので、当サイトでは酵素液を合わせて飲むことで、無理なく酵素をしっかり摂ることをオススメしているのです。

 

⇒酵素ドリンクランキングへ