酵素とは

酵素とは

 

小さい女医

酵素といえば洗剤。そう思う人って多いんじゃないでしょうか。
もちろん、洗剤に含まれているものでもあるのですが、実は生物にとって、絶対に必要なタンパク質で構成された物質なのです。

 

そして、この酵素は人間のすべての活動に関わっており、
言い方を変えると、酵素なしでは人間は活動できないのです。

 

呼吸をしたり、体を動かしたり、傷を治したり、内臓を動かしたり、まばたき1つでさえも酵素の力なしでは行うことができない...

 

人間のすべての活動に酵素は必要なのです。

 

現在、なんと約4000種類の酵素が発見されており、それぞれに様々な役目があるそうです。

 

例えば、アミラーゼという酵素は、ご飯などに含まれるデンプンやグリコーゲンを分解して、
栄養として体内に吸収できるようにしており、このような酵素を消化酵素と呼んでいます。

 

また、体を動かしたり、ケガを治したりすのための酵素もあります。
これらは代謝に関わる酵素なので代謝酵素と呼ばれています。

 

大きく分けてこの2つの酵素が体内では作られており、
あわせて「潜在酵素」と呼ばれています。

 

そして、どうやらこの「潜在酵素」....
諸説ありますが、体内で作られる量というのが遺伝子に組み込まれており、
その量を使い切ることは死を意味するそうです。
代謝機能が働かなくなるから病気になって死んでしまうわけです。なんだか怖いですね。

 

なので、長生きしたいのなら、この酵素を節約しなければいけません。
暴飲暴食したり、酒を飲みすぎたり、タバコを吸ったりすると、
酵素をその分大量に消費してしまいますから、できるだけ控えたいところです。

 

で、体内で使える酵素というのは潜在酵素だけではありません。
食物にも酵素は含まれていますから、その酵素を体内で使うことも可能。
なので積極的に酵素を摂っていきたいものですね。

 

ただし、この「食物酵素」ですが、代謝ではなく消化用にしか使われないようです。
でも、消化用にたくさん摂ることによって、潜在酵素を消化にまわす必要がなくなりますので、その分、代謝に多くの酵素をまわせるようになり、その結果、体の活力はアップするのです。

 

ただ、酵素って実は熱に弱いんです。。。
よって、加工食品や熱を加えられた食品には、残念ながら酵素は含まれていません。

 

自分の普段食べているものを思い浮かべてみてください。ほとんどが加工食品だったり、煮たり焼いたりして、熱を加えられたものばかりではないでしょうか。でも、これは現代社会で生活していると、自然にそうなってしまいがちですよね。

 

長く健康でいたいのなら、そんな現代社会の流れに流されてはいけません。酵素が含まれる「生の食べ物」や「発酵食品」などを、意識的に食べるようにする必要がありますね。そうすることで代謝機能がアップして、元気に毎日が過ごせるようになるでしょう。

 

⇒酵素ドリンクランキングへ