酵素ドリンクとは

酵素ドリンクとは

 

小さな女の子の医者

酵素ドリンクとは、大量の野菜・果物・海草などの植物を樽などに入れて、砂糖や酵母菌などの菌を混ぜて、毎日かき混ぜながら発酵・熟成させたものです。

 

市販されている商品によっても様々ですが、長いもので1年以上もの時間をかけて、発酵・熟成をさせているるそうで、そうすることで含まれている酵素が活性化し、より体に有用なものになっていくのです。

 

また酵素といっても、発見されているだけで4000種類ほどあるといいますから、どんな素材を何種類使うかによって、酵素ドリンクの性質はずいぶんと変わってくるといえるでしょう。

 

さらに、発酵させるためにどんな砂糖を使うか、どんな菌を使うかによっても質は変わってきますし、熟成させるときにどんな樽を使うかなどによっても、出来上がりに差が出てくるんだそうです。

 

最近では多くの種類の酵素ドリンクが販売されていますが、
下記の項目を見たうえで、酵素ドリンクを選んでみるといいのではないかと思います。

 

何種類の原料を使っているのか

できるだけ多くの素材を使っているほうがいいでしょう。

どれだけ発酵・熟成に時間をかけているのか

1年〜1年半くらいが適正とよく言われるようです。極端に短いものや逆に長すぎるものは避けましょう。

菌は何種類使ってるのか

多くの菌を使うと、相乗効果で酵素のパワーがアップするそうです。

砂糖は何を使っているのか

天然の糖類を使っているものを選びましょう。

合成の保存料、着色料、香料を使っていないか

こういった添加物が入っていないものがベスト。
ただし、そうなると価格が高いものになってしまうのがネックとなります。

 

ということで、できるだけ多くの原料を使っており、発酵・熟成に時間をかけて手作りなもの。そして、多くの有用菌を使用して、強力に発酵させたもの。そういう酵素ドリンクを選びたいですね。

 

当サイトがオススメする酵素ドリンクはこちらからチェックしてみてください。