免疫力を下げる感情

免疫力と感情の関係を説明する女子

精神的なストレスというのは人間の体に大きなダメージを与え、
免疫細胞の力を大きく失わせてしまいます。

 

精神的なストレスには
「怒り」「落ち込み」「不安」「悲しみ」「憎しみ」などがあります。

 

このうち「怒り」「憎しみ」に関しては外に発散することができる分、まだマシなのですが、特に「落ち込み」「不安」「悲しみ」は、内にこもりやすい感情のため、体に大きなマイナスの影響を与えてしまうものと言われています。

 

いずれにせよ、こういったマイナスの感情というのは、どれも活性酸素を生み出し、酵素を大量に無駄遣いしてしまうことに繋がってしまうので、できるだけ持ちたくない感情なのですが、残念ながら、生きていればどうしたって、マイナスの感情は湧いてしまうものです。なので、大事なのはマイナスの感情をどう処理していくかということなんだろう思います。

 

そこで、そんなときにはその感情に長く浸るようなことはせずに、
明るい音楽を聴いたり、自然に接したり、友達と会ったり、趣味に没頭するなどして、
すぐに気持ちを切り替えられるような行動をおこしてみることをオススメします。

 

深呼吸を何分か繰り返してみたり、なんでマイナスの感情になってしまっているかを
紙に書き出してみるなんていうのも、感情に対して客観的になれますので効果がありますよ。

 

マイナスの感情にフォーカスして浸りすぎると、免疫力は確実に下がってますので、
やがて体調が悪くなり、それによってさらにマイナスの感情が生まれるという悪循環に陥ります。
この悪循環に陥るまえに、マイナス感情から早めに脱出するのが大切。

 

マイナス感情を感じることから逃げるのは無理な話。
大事なのはそれにどう対処すべきかです。

 

感情の悪循環にハマることなく、すぐにプラスに自分を戻す。
これを心がけ実践することで、いつも明るく元気よく過ごすことができ、
その結果、酵素を無駄遣いすることが減り、免疫力が高まるので
健康的な生活が送れて毎日が楽しいという好循環が生まれるのです。

 

なかなかそんな簡単にはできない。。
そう思う人も多いと思いますが、これは練習でなんとかなるものですよ。
マイナスの感情から抜け出そうといろいろやっていくうちに、
プラスの状態に戻れるまでの時間が短くなっていくはずです。

 

最近は、自分の精神をコントロールするための手法が書かれた本なども
たくさん販売されていますので、そういったもので学んでみるのもいいかもしれませんね。

 

⇒酵素ドリンクランキングへ