すりおろすことで酵素量アップ

 

酵素の説明をする女子

生の果物や野菜、発酵食品などには多くの酵素が含まれているというのは「酵素が多く含まれている食べ物」でも書いたとおりですが、実はそれらの食物から、さらに効率良く酵素を摂る方法があります。

 

それは”すりおろして”食べることです。

 

なんで、すりおろして食べると酵素を効率良く摂ることができるのかというと、普通に食べると食物の細胞の外側の酵素だけ体内で吸収され細胞内の酵素は吸収されずにそのまま排出されてしまうんだそうです。

 

ですが、すりおろすことで、細胞膜が壊れるので、
細胞の中の酵素をも効率良く吸収できるようになるのです。

 

どれくらい違うのかというと、何もしなかった場合に比べて、2倍〜3倍、
モノによってはそれ以上の量の酵素を吸収できるんだそうです。

 

カラダの調子が悪いときに、「大根おろし」や「りんごのすりおろし」を食べると良いって
親から昔よく聞いていましたが、要するに酵素をたっぷり摂れるので、
免疫力がアップするっていうことだったんですね。
(きっと親は酵素のことは知らなかったと思いますが)

 

で、特にすりおろすことで酵素が爆発的に増えるのが”大根”なんだそうです。
大根はすりおろすことで何十倍にもなるとのこと。大根おろし、おそるべし...です。
大根をおろしている画像
※私もよくこうやって大根おろして食べてます。

 

大根をおろしサラダとポン酢
※私は食事の前に大根おろしだけ少量食べたり、
こんな感じでサラダに乗せて、ポン酢等をかけて食べたりしてます。

 

ということで、すりおろせないものもたくさんありますが、
大根を筆頭に、ニンジンとか生姜とか、いろいろやってみるといいと思います。
別に大量にそれだけで食べる必要はないですよ。何かと一緒に少量でも食べればいいと思います。

 

⇒酵素ドリンクランキングへ